PAC_hepler_liteによる応急対応について(2020.09.10 付記)

PAC helper を使用中に、「類似度評定」のステップで「内部エラー(38)」のアラートが出て、そこから先に
進めなくなり終了してしまう、という現象が見られる場合があります。お使いのパソコン環境によっては、
エラーにならずに進められる場合もあるようです。

この現象出現は、パソコンのセキュリティ設定のレベル設定などに起因するようですが、詳しくは個々の
条件に差がありすぎるので対応が難しいのが現状です。そこで、「類似度評定」の際に反応潜時記録を
せずに進める「PACヘルパーライト」を用意しました。これは、精密な時間測定をする外部参照をせずに
プログラムを進める手順の一部省略による対応です。(ダウンロードは下記)

これまでの経緯から、反応潜時の利用方法がまだ確立していないことから、当面の間はこうしてライト版
の利用で現状のエラーを回避をお願いします。今後は、外部参照方法の見直しなどを含めた、抜本的な
改善にも努力しますが、今のところは「ライト版」のご利用で手順を進めてください。

実行ファイル(PAC_helper_lite.exeのexe形式)であることで、セキュリティソフトが警告を出す場合もある
ようです。PC本体に影響を与えるような内容になっておりませんので、実行を選んで作業を進めてくだ
さい。詳しい説明やご質問は、info(a)naravan.net宛に(a)をアットマークに変えてメールを送ってください。

(PAC helperの表記には、いくつかの例が並存しております。作者の不手際で申し訳なく存ずるところです。
ライト版についても、ファイル名と文章中の表記でバラツキがありますが、適宜変換してご理解願います)

 

 PACヘルパーライト版のダウンロード(ec-pac4.zip 名の圧縮ファイルです)

 

 ←もどる